建設業界の女性進出応援サイト「建設×女子部」とは?なぜ女性に特化している?

株式会社アーキ・ジャパンの「建設×女子部」は、女性による女性ための建設業界ポータルサイトとして立ち上げられており、
ここにはサイト運営側の「建設業界の未来を創りたい」という強い思いが込められています。
現在、業界においては人材不足が叫ばれており、その状況は職人側、監督側、双方に存在する内容になっています。
まず職人側においては一時期の不況に職を離れた人も多く、高齢化などによる現象も重なり、以後、人数の回復はなされていません。

そのために震災復興を皮切りに職人不足が顕著となり、特に、土工、鉄筋工、型枠工の不足が指摘されています。
現在は復興関係は落ち着いてきてはいるものの、これから東京オリンピックに向けて首都圏などではさらに不足が進むとも言われています。
監督側においては、これから大量定年退職が起きることから不足が叫ばれており、現在においても定年の延長策などで対応がなされています。
一方、各ゼネコンでは女性の採用に力を入れており、サイトでは様々な情報を提供することで少しでも応援できるように配信を行っています。
採用に関してはスーパーゼネコンを中心として進んでおり、準大手となるサブゼネコンや、徐々にではあるものの、海外プロジェクトやプラントなど、
特化した業務を行う職場に就くケースも見られるようになっています。しかし、地方などではまだまだ少なく、
サイトではより分かりやすい内容をを設け特化することで、建設業の魅力を広く女性に伝え、少しでも従事者が増えることを目指しています。

これまで業界が男性中心であったことにはいくつかの理由があり、多くは力や体力が必要と考えられてきた経緯があります。

また、職場環境の悪さとともに各企業が男性を中心に採用していたことがあり、仮に現場事務所に務めるにしても、
事務員として採用されていました。
現在においては女性が働きやすい環境が設けられるなど改善が図られており、
理工系も女子も少しずつ増えてきています。

サイトでスペシャルコンテンツを設けることでより理解ができるように情報を提供しており、
現在、現役に監督に聞く「監督リレー」、昔の現場と今の現場を比較した「今と昔」、業界インタビュー、
今月の現場中継、それぞれのコンテンツを設けています。中でも業界インタビューは業界で活躍する先輩を取材することで掲載しており、
非常に参考となる内容になっています。
また、監督リレーでは、現場サイトの話が掲載されており、初めて現場に就く場合などの参考にすることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です