日清エンジニアリングの評判について

日清エンジニアリング株式会社は、日清製粉グループに所属する企業の一つです。
こちらの企業の全ての株は、親会社である株式会社日清製粉グループ本社が所有しています。
設立は1972年(昭和47年)4月28日で、現在の従業員数100名程度です。
主な事業内容は穀物や食品、化学製品などの生産加工設備の設計を行なっています。
またこれらの監理や工事の請負、粉体加工や機器販売も、日清エンジニアリングの重要な業務です。
このような事業内容は主に三つに分類することができます。
まず一つ目はプラントエンジニアリングです。
企画段階から基本設計から調達、建設工事、試運転から運転・保守に至るまで、クライアントの要望に積極的に取り組み、高い評価を得ています。
事業計画に基づいた最適な生産体制の実現力には定評があり、工場建設の計画を安心や安全を最優先しながらエンジニアリングを行なっているので、顧客の満足度も非常に高い経営体制が完成しているという特徴もあります。
日清エンジニアリングの製造しているプラントは多岐に渡っています。
中心となっているのは穀物プラント・大型輸送施設や食品粉体プラントですが、医薬品・健康食品プラントやセラミックスプラント、電池材料プラントなども手掛けており、その幅広さが伺える内容と言えるでしょう。
日清エンジニアリングの、二つ目の主な事業内容は機器政策販売です。
取り扱っている機器は粉砕、分級・篩分、輸送・供給、貯槽・混合、加熱・冷却・温度調節の5種類があります。
特に粉砕機器は気流式や機械式をラインナップ知っており、低コストの運転を行いながらも微粉領域にも対応している高品質の機材の生産を行なっています。
また供給分野では1時間に数十gを供給しフィードバック制御が可能な微量定量供給装置の販売、輸送分野では加圧式高濃度輸送装置の販売が主になっています。
さらに加熱・冷却・温度調節の機器では、主に小麦粉の二次加工に用いられるバッチ式の装置を製造しています。
三つ目の事業内容は粉体加工・受託加工です。
粉体受託加工サービスでは、長年にわたる製造管理と品質管理のノウハウを利用して、多くの実績を築いており、顧客の様々なニーズに応えられる体制が整っています。
粉体受託加工の流れとしては、加工依頼書を元に見積書を作り、加工のスケジュールを提案するという流れです。
また大量受託加工にも対応しており、継続して大量処理の依頼を行なっている顧客のために24時間操業も可能となっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です